理想を叶えたやつは努力し続けたやつだ

インターネットがつながれば仕事ができる。だから同じ場所で仕事をしなくてもいい。好きな場所に移動して、自由気ままに仕事を謳歌する。夏になれば南の海辺や、避暑地に移動し、冬になればゲレンデへ。寒い気候があきたのであれば、また南の国へ。そんなことができれば幸せだ。

そんな夢物語を語っていいのは若いうちだけ。年を重ねれば現実が目の前にあって、与えられた仕事をこなす毎日を過ごすしかなくなる。家族がいれば養わなければならないし、自分が楽しく暮らす方法なんて、あるもので何とか叶えるしかないだろう。

そんなことを言う人がいる。

たしかに理想を叶える人はごくわずかだろう。理想は理想、夢はしょせん夢なのか?

いや、絶対に違う。

ぼくはこれからも口にだしていう。理想を叶えるために。

ぼくはインターネットのウェブサイトを使って毎月数百万円を稼ぐ。そのお金で好きな場所で好きな時間に仕事をする。それが理想というか目標だ。まだ最高で月に50数万円を稼ぐぐらいだが、目標はもう目の前にある。これを叶えるためにぼくは努力し続ける。

努力をしたやつが必ず報われるとは言えない。努力の方向が違えばのぞむ結果にならないからだ。

しかし望む結果を得たやつは、それ相応の努力をしたやつなのだ。いまから海外でも対応できるwifiを借りておこう。南の島で横たわって仕事をするイメージで。