ダメな時は少し休めばいい

スランプは誰にでもある。

毎日がずっと良い方向に向かうわけじゃない。

素晴らしい成果を毎日得続けることは難しい。

どこかで少し成果は下がったりする。

 

その時にその人の真価が求められる。

くさるか、いつも通りに努力し続けられるか。

にんげんなんて所詮動物だ。

面倒だと思う日もあれば、寝てたい日もある。

 

そんな時は寝ればいい。

すこし休めばいい。

しかしその後に、よし!少しだけやろうかと少し仕事をし始めればいい。

少しのつもりがいつもの仕事をこなすことができるのだ。

それだけ習慣化されている人ならば。

 

ダメな時もある。

これを知っている人は、ダメならダメでやれることをやる。

こういう人は強いのだ。

 

さて、そんな時のポイントを書いてみたい。

えー、日にあたること。

ダメな時にがむしゃらに仕事に打ち込む努力は素晴らしいけど、その方向が間違っていたら時間をかなり取られてしまう。

なのでベストな行動は良い運気を得てから、まい進することだ。

良い運気の得方は日にあたること。

少し家の周りをウォーキングするのもいいし、背中に太陽の光を浴びながら家の花に水をあげるのもいい。

少しでも太陽の熱を体に取り入れることができれば上々だ。

そのあたたかいエネルギーをもって仕事に取り組むことがスランプからの脱出のポイントだ。切手 買取 大阪

毎月一日は神社にお礼を伝えに参拝する

神社には日ごろの感謝を伝える。このことをある本で知りました。その日から毎月一日には、いつもありがとうございますと感謝を伝えに宮参りをしている。

日本人の大半は神社にお願いをしに行く。日ごろ何にも神社に対して行っていないのに、自分が希望する時にお願いに行くのだ。

それって一般的な感覚で都合が良いと思うがいかがだろうか。

そんな友人がいたら君はどう感じるのだろうか。たまに現れてお願いだけしていく友人。私は困るなぁ。

神社にはいつもありがとうございます。無事に過ごしておりますと感謝を伝えに行く。これを日常から行っていると、どんどん正しい方向に、より良い方向に物事、生活が進んでいきますよ。

ありがとうございます。という感謝の言葉を日ごろから口にすること。外食をしに行ったのなら、給仕してくれる店員さんに、買い物をしたならレジの店員さんに、ありがとうございますと伝えてみてください。

感謝を伝えれて嬉しく感じたエネルギーを自分が感じ、また良いエネルギーとなる。

それが日常になると、本当に素晴らしい毎日を過ごすことができるようになります。なんだかスピリチュアルなことを言っているように思えますね、言葉で書くと。

口で伝えることができればもっと単純にシンプルに伝わると思うんだけどなぁ。ありがとうを毎日口にする。これって大事。相席居酒屋 一人

枯れてしまう花を買ってどうするのだ聞かれたら

家の外壁にラティスを作って、そこに造花を飾っていた。

いつの日かそれが元凶だと思い、そこに小さな花を飾ってみた。

輝いた。

小さな花がそこらへん一帯を輝かせた。

水をやり、日にあて、栄養も与えた。

だけど、花はいつの日か枯れてしまった。

その花の代わりを買ってきた。

と同時に隣にも花を生けた。

あたり一辺がより輝いた。

 

そんなことを繰り返していたら、鉢の数が増えた。

はじめはたった一つの鉢だったのに、7つぐらの鉢が小さな家のまわりを輝かせてくれている。

もっともっと輝かせたい花咲じいさんのような気持ち、今のままこのままひと時の涼がとれればいいと思う自分が今ある。

花はいい。花をめでるキモチもいい。

どうせ枯れてしまうものをなぜ買うのだ?

そんなセリフを最近みた映画の登場人物が言っていた。

昔はおれもそう思っていた。

ふと回想した。

なぜ花を買い、それが何をプラスにするのか?そう聞かれたら少し言葉を選んでこんな答えを言うのだろう。

花を飾り、それを見ることで心がいやされる。

その癒された心で生活することが、たくさんの事を良い方向に向かわせる。

家族に対してもそう、仕事に対してもそう。

花に水を与えてから仕事を始めてみてほしい。

良い方向に仕事が進むのを実感すると思うのです。出会い系 八王子

蒼く澄んでどうしようもなく朱い

蒼い。澄み切った蒼。

それでいて朱い。

毎日がとてつもなく

それがリアルで。

闇のように黒い世界をまぶしいように手で遮った。

空から降ってくる一滴の雨粒が

自分にあたる確率なんか考えて

手のひらで弾けたそれに頬を寄せた。

少しだけ歩いてはとまって

空をながめてみたんだけど

やっぱり雨はやまないから還ることにした。

きっと誰もが蒼く澄んで生まれてきたのに

時の経過が換えてしまうんだ

そういえばあいつが言ってた

原色は孤独だと。

 

荷物をおろして窓の外ながめた。

空から降ってくる雨粒は

相も変わらず少しくすんでたけど

中に稀に透明なやつがいた。

にぎった。そいつをにぎった。

指のすきまからこぼれたそいつは

くすまず透明なまま落ちていった。

いや、貫き通して散っていった。

さくら

サクラ。

部屋にさしこんだ日の光が

うすよごれた床を少しだけ輝かせた

明日はれるかな。

のぞんでいるものと

のぞまれてないもの

つかむもの

こぼれおちるもの。

思い出した祖母の背中。

鳴り響く蝉の声

雨と土の香り。

あの日の静寂がとても蒼く澄んでいて

今でも心を朱くする。

今度いこう。久々にみよう。

感じられるのかな。

とてつもなく蒼くて、それでいて朱い。

鼻から吸う匂い。覚えてるかな。

闇のない世界を。jメール 口コミ評価

家を買うことを子供のころから決めていた

家を買うと子供の頃に決めてました。決めているというと何か形式ばっていますが、単純に大きくなったら自分のおうちを買って住もうと子供心に思っていたのです。

そうすると当たり前のようにその方向に進みます。結婚した嫁さんのお義父さんが個人で不動産の紹介業をしている人、これもそういう流れだったのか。

結婚当初は賃貸マンションに住んでいましたが、その時でさえ家を買うことを前提に仮住まいとして暮らしている意識がありました。

2年に一度契約の更新がありましたから、そろそろかな、そろそろ家を買うタイミングかなとそのたびに考えていました。

ただそのマンションが駅から1分で1階にはコンビニエンスストアがあるようなとても住みやすい環境であったため4年ほどそのマンションに住むことになります。

しかし家を買うと決めていた私は、その2回目の更新の際にお義父さんに家を買うから資料をくださいと申し出ました。

当時の私の年収からすれば東京の23区内に新築の一軒家を建てるなど普通は考えないかと思います。しかし子供の頃から決めていたので、その方向に話が進みました。

私がこの話で何が言いたいかというと、ずっと思っていることは必ずその方向に行動するので叶うんだということです。もっと小さいところでの話もありますので、何回かに分けて話していきますね。彼女欲しい